クレジットカードを選ぶ時は、ポイント、特典、年会費のバランスを見る事が必要です。

年会費とサービスのバランス

クレジットカードを選ぶ時は、ポイント還元率、カード特典、年会費の全体のバランスを考えて決める事が大切です。

 

クレジットカードは年会費がさまざまなプランを用意されています。
年会費が高い程ポイント還元率や特典が充実していく傾向があります。

ポイントイメージ

 

年会費が高くても、たくさんカードを利用する人であれば、ポイント還元が多くなり、
結果的に年会費無料のカードを使うよりもお得になるケースもあります。

 

この他、年会費相当分をポイントキャッシュバックで還元しきれなくても、さまざまな充実した特典が付いてくるので、年会費がかかるカードを所有するメリットはあります。
ネットショッピングの活用

 

 

例えば年会費2,000円のカード年会費無料のカードがあったとします。
年間100万円程カードを使う予定があり、年会費無料のカードよりも年会費2,000円のカードの方がポイントを1,000ポイント多くもらえる還元率だったとします。この場合、年会費とポイント還元率だけを見れば、年会費無料のカードを使った方がお得です。

 

しかし、年会費2,000円のカードはロードサービスと、旅行保険(国内・国外)、買い物保険、各種割引サービスなどさまざまな特典が付いてくる場合は、プラス1,000円でこれだけの特典が付いてくるのであればお得だと捉える事ができます。

 

同様のケースで、有料カードにした場合、車のロードサービスの特典と海外旅行保険が付いてきたとします。
しかし海外旅行に行く予定がなく、車も所有している人であれば特典の恩恵を受ける事ができません。
この場合は不必要な特典の為に有料カードを利用するのではなく、
年会費無料か他にメリットがある有料カードを利用する事がオススメになります。

 

このように、年会費に見合うだけのサービスがあるクレジットカードがないか、
それぞれ全体のバランスを見極めてカードを選ぶ事が必要です。

 

年会費無料で満足している人も、実際にカードを利用する金額が大きい人や、
年に1回以上旅行保険に加入している人などは年会費がかかるクレジットカードを利用した方が
トータルで見てお得になるケースもあるので、今一度検討し直してみるようにしましょう。