階級別の年会費や利用限度額など、それぞれの特徴をご紹介します。

クレジットカードの階級

 

クレジットカードの階級

クレジットカードをあまり持たないという人、クレジットカードを持つのは少し怖いという人はクレジットカードの階級についてあまり知識がないかもしれません。

 

クレジットカードの階級は、ランクやグレードといった言い方もされますが、俗に言う「プラチナ」「ゴールド」といった類の分類です。

 

ではこういったクラス分けにどれくらいのものがあるのでしょうか?

 

通常クレジットカード

 

まず初めてクレジットカードを持とうとするとき誰も最初に持つだろうカードがこの一般のカードです。
年会費が無料のものや1000円~2000円のものが大部分です。またショッピングやサービスを利用することで年会費が免除されることもあります。
キャッシングの上限が30万円~50万円と利用限度額が低いことが有名です。

 

ゴールドカード

 

ゴールドカードになると年会費が5000円~10000円程度にアップしてキャッシングの利用限度額が100万円~200万円にあがります。
年収が500万円程度ないと持てないカードといわれています。
利用限度額以外のメリットとしては、付帯サービスの部分で航空ラウンジサービスやレストランの優待サービスが受けられるなどの恩恵があります。

 

プラチナカード

 

ゴールドカードよりもさらに上のクラスとして存在しているプラチナカードですが、主な違いとして自ら入会するのではなくクレジットカード会社からの招待(インビテーション)がなければ、所持することのできない敷居の高さです。
年会費は一気に30000円~50000円に跳ね上がり、利用限度額は300万円以上となっています。付帯サービスは24時間コンシェルジェが対応してくれたり、その他さまざまな優待サービスが待っています。

 

ブラックカード

 

プラチナカードよりもグレードの高いカードで、年会費は50000円から数十万円にまで跳ね上がります。
最低年収1000万円以上でなければ持つことの許されないVIPカードです。