海外旅行保険やショッピング保険などの付帯サービスがあるクラシックカードもあります。

クラシックカードとは?

 

私たちに一番身近なクレジットカードは、クラシックカードと呼ばれています。

 

クラシックカード

 

はじめて聞いた人はなんだか高級そうなイメージを持ちますが、庶民でも加入できるクレジットカードで一般的なクレジットカードです。

 

クラシックカードは真面目に働いて安定収入がある社会人なら誰でも持つことが可能です。
正社員でなくても契約社員、派遣社員でも持てないということはなく、中にはフリーターでも持てる審査の緩いクレジットカードもあります。

 

クラシックカードは年会費が安いことが魅力で、無料で持てる楽天カードやイオンカード、オリコカードなどはすぐに作れるクレジットカードとして魅力です。

 

またキャッシングの利用限度額も30万円~60万円程度のものがほとんどです。

 

クラシックカードのメリットとしては、少ない年会費で無理のないショッピングを楽しむことができる点でしょうか。

 

例えば楽天カードは大手インターネット通販サイト「楽天市場」でクレジット払いで購入すると通常よりも高いポイントが得られて、さまざまな特典を得ることができます。
またガソリン系のクレジットカードである出光まいどプラスなどは、ガソリン給油時に通常よりも数円引きで購入できるなどのメリットがあります。

 

またクラシックカードにも付帯サービスはついており、海外旅行中の損害を補償してくれるものショッピング保険などのサービスがあります。

 

公共料金の支払いにクレジットカードを使うのは便利で、また家賃の支払いにも利用されることが多く、大東建託の賃貸物件ではクレジットカードで家賃を支払うことでポイントが貯まるサービスもあり隠れたユーザーが多いです。

 

このように日常の生活でポイントを確保したいと思ったときは、年会費無料のクラシックカードを所有するのは賢い選択です。

 

ただしクラシックカードといえど使い過ぎはカード破産に結び付くのでは十分な注意が必要です。