飛行機や空港をよく利用するユーザーには持っていると便利なカードです。

ゴールドカードとは?

 

ゴールドカードは、普通のクレジットカードよりもワンランク上のカードといえるでしょう。

 

主な違いは年会費が5000円~10000円程度と通常のクラシックカードと比べると維持のコストが高くなります。またキャッシングの利用限度額が100万円~200万円と高額になります。

 

年会費と利用限度額の違いの他に、その他にもさまざまな付帯サービスの違いがあります。
航空ラウンジサービスや旅行保険のように、ゴールドカードを所持していることで、空港利用時に有料の休憩ラウンジを無料で利用できたり、1億円補償の旅行保険がつくなど通常クレジットカードにはない付帯サービスが付与しています。

 

空港のラウンジというのは、ドリンクのサービスあったり、ネット環境が整っていて、パソコンで仕事をしたり、読書をしたりするのにとても重宝する場所です。
カードがなくても有料で利用することができますが、羽田航空の第一旅客ターミナルエアポートラウンジの利用料金は1030円です。

 

飛行機や空港をよく利用するユーザーにはゴールドカードは持っていて便利なカードとなります。

 

ゴールドカード

またMUFGゴールドカードのように、ATMの時間外手数料が優遇されるなどカードを持っているだけで優遇されるメリットがたくさんあります。
MUFGゴールドカードはゴールドカードの中でも初年度年会費無料、2年目1905円と非常に維持費が割安で魅力的なカードです。

 

また利用限度額や年会費の違いだけでなく、ショッピングのときに貯まるポイントの還元率は普通のクレジットカードと比べてゴールドカードの方が高いです。

 

ゴールドカードのいいところは、通常のカードよりもワンランク上で持っているだけで一目置かれるカードでありながら、比較的若年層でも持つことができることです。

 

またゴールドカードの持てる収入の目安は500万円程度もしくは450万円程度でも持てるのではないかといわれています。