カードを選択するのと同時に、カードが加盟するアライアンスを押さえておくことが大切です。

マイルが貯まりやすいクレジットカード

 

これからマイルの貯まる航空系クレジットカードを持とうという人のためにマイレージの貯まりやすいカードはどれなのか非常に気になるところです。

マイルとは?

 

やはり航空系クレジットカードとひと口にいっても、マイルの還元率にそれぞれ開きがあることも事実です。
まずANA系のカードから解説します。

 

ANA VISA Suicaカード

年会費が初年度無料、2年目以降2000円という維持費の安さが魅力のANA VISA Suicaカード還元率が1.5%と高めで電車のチャージやコンビニなどのプリペイドカードでもマイルが貯められる初心者におすすめのカードです。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴は貯めたマイルの使用期限がないということです。
またそこで貯めたマイルが特典航空券などど引き換えできるといったユニークなカードです。

 

JALカード TOKYU POINT CLUBQ

年会費が安めのクレジットカードとしてJALカード TOKYU POINT CLUBQがおすすめです。
TOKYU POINT CLUBQというネームからもわかる通り、東急ストアや東急百貨店と提携したカードでありマイルをポイントに変えてショッピングができます。
さらにWAONPASMOへチャージしてもマイルが貯まる庶民に魅力的なカードです。

 

MileagePlusセゾンカード

ユナイテッド航空がセゾンカードと提携したMileagePlusセゾンカードは、マイレージアップメンバーズの年会費が5000円と通常年会費1500円で年間6500円の維持費がかかりますが、提携レストランやコスモ石油で利用すると通常カードの3倍のポイントがつくことで人気です。

 

またおすすめカードを選択するのと同時に、カードが加盟するアライアンスを押さえておくことが大切です。

マイルが貯まりやすいクレジットカード

アライアンスとは世界中の航空会社の航空連合であり、貯めたマイルを使用する便の航空券を引き換える先でもあります。

 

例えばANAで貯めたポイントは同じスターアライアンスのユナイテッド航空でも使えます。
JALやアメリカン航空はワンワールドです。