付帯サービスもゴールドカードとは次元が違い、24時間対応のコンシェルジェのサービスがあります。

プラチナカードとは?

 

プラチナカードクラスになると所持している総人口がすくないため、その全貌をよく知らないという人は多いでしょう。

 

まず最初にプラチナカードはゴールドカードよりも階級の高いカードです。

 

プラチナカードを持つ男性

 

ゴールドカードははっきり言ってしまうと真面目に仕事をして生活して、普通よりちょっと上の安定収入があれば庶民でも持つことのできるカードです。
しかしプラチナカードからは、波の収入では持つことが許されないステータスカードとして認識してください。

 

そしてゴールドカードと決定的に違うのは、ゴールドカードは審査のハードルが高くても自分から申し込んでカードを発行してもらうのに対して、プラチナカードはクレジットカード会社の招待(インビテーション)がなければ、手に入れることができないのです。

 

したがってプラチナカードは自分の意思で持つことのできないカードということができます。

 

プラチナカードの年会費は30000円から50000円程度のものが多く、中には10万円の年会費がかかるカードがあります。

 

利用限度額は200万円から500万円という高さです。

 

年会費が高く、カードの維持コストも高いですが、付帯サービスの充実はゴールドカードとは次元が違います。

 

まず24時間対応してくれるコンシェルジェのサービスがあります。
このコンシェルジェサービスとは一体どういうものなのかというと、ホテルや航空チケットの取得、レストランの予約などの本人に代行して行ってくれる執事のようなサービスです。
自分の手となり足となって働いてくれる執事がプラチナカードを持つことで取得することができます。

 

もちろん国内、海外の旅行保険やショッピング保険などさまざまな付帯サービスもゴールドカードとは次元が違います。
病気になったときに医療の相談にも乗ってくれます。
またホテルや飛行機搭乗券のアップグレードなど嘘のようなサービスもあります。