TAXは本来は税金の意味ですが、クレジットカード決済手数料を指すケースもあります。

TAXとカード会社が儲かる仕組み

クレジットカードは使えば使う程、ポイントが貯まります。
しかし、一部のサービスではクレジットカードで支払いをするとTAXが発生してしまいます。

 

TAXとは本来は「税金」という意味ですが、一部のお店ではTAXの事をクレジットカード決済を使用する為の手数料の事を指し、現金払いよりもカード払いの方が高くなってしまいます。

 

 

クレジットカード会社が儲かる仕組みを理解しよう

クレジットカードは一括払いであれば、原則無料で利用できてポイント還元も受けられます。
しかしこれではクレジットカード会社がポイントを払う分だけ損をしてしまいます

 

買い物をする消費者はカード払いを無料で利用できますが、
お店側はカード会社に利用代金の3~5%をカード会社に手数料として支払う決まりになっています。

 

お店側は現金払いのお客よりも、カード払いのお客の方が、手数料を払う都合で利益が少なくなります。
カード会社はカード取り扱い店舗から売上金の一部を手数料としてもらうお金を主な収入源にしていて、
そこからポイント還元や特典などで利用者に還元しています。

 

カード払いを無料で対応してくれるお店は、サービスの一環としてカード手数料無料で対応しています。
カード手数料があっても、クレジットカード払いを好むユーザーを取り込めれば、採算が合うという計算です。

 

最近では低価格を売りにした格安スーパーなどは、商品の価格をギリギリまで下げる為に、
あえてカード払いに対応していない運営をするお店なども増えてきています。

 

このようにカードを利用する手数料は原則お店側が負担しますが、手数料相当額を客側に負担させる仕組みがTAX利用料です。

 

 

TAXがあるサービス

TAXは飲食店などに多く、一般的な飲食店であれば3~5%の手数料実費相当分です。
キャバクラなど水商売のサービスでは、TAX利用料が10%~20%など上乗せして徴収しているケースもあります。

 

水商売が通常以上のTAXを請求しているのは、現金決済であれば税申告しない売上も、
履歴が残ってしまうカード決済は税申告が必要になるという理由で高いTAXを徴収しているようです。

 

この他、金額が大きい車の場合は車体購入費用ではカード自体が取り扱えない事が多いですが、
トヨタ系などの一部の大手ディーラーなどは、カード決済利用できる代わりに3%程度のTAXを取ったり、
客側にもポイントが付かない特例しよう扱いで、店舗もカード会社の手数料を1%程度に割引してもらうような特殊なケースもあります。

 

この他、数百万円などする高級時計なども同等にカードを扱えないか、TAXか特例措置を取るなどの対応をしているケースがあります。